期間工の面接や試験に合格するためのコツ

筆記試験や体力テストの対策をしておく

期間工の採用面接や試験を受ける際には、面接などがメインの場合も有りますが、筆記試験や体力テストなども課されることがあります。体力テストはごく簡単な試験ですが、受験する前から筋力トレーニングなどをやっておくことで、高い点数を獲得することができます。また筆記試験に関しても非常に簡単な計算や一般常識などの問題が出ますので、受験する前に計算の練習をしたり、時事問題などには目を通しておくのも良いでしょう。採用のときにウエイトを多く占める面接に関してはなるべくしっかりとした受け答えをすることが重要ですので、ハキハキと喋ることが出来るように、模擬面接を知り合いなどに頼み込んで練習をしておくことで本番でもあわてることはありません。

面接時にマイナスなことは決して言わない

期間工の採用試験で落ちてしまうパターンとしては、面接でマイナスなことをアピールすることです。例えば持病を抱えていると言ってしまったり、腰痛などを持っていることを面接時に言ってしまうと、それだけでかなりの点数減点されてしまうことになります。志望動機などを聞かれたときにも、マイナスなことを言ってしまったり、弱気な発言をすることで、アピールポイントのない人物だと思われてしまいますので、やる気を全面に出して期間工でバリバリ働きたいという気持ちを面接でぶつけるようにしましょう。やる気がある人材というのは採用担当者も面接の時に見抜いてくれますので、自信満々に答えるようにして、自分のマイナスな面は絶対に出さないということが大切です。