長期で働くことも可能!契約が更新されるためのコツ

雇う側にとって信頼できる相手と評価されることが重要

期間工は名称の通り、一定の期間だけ就労する労働者です。雇用期間は基本的に雇う側が自由に決めることができるので、条件次第では契約が更新され、長く働くことも不可能ではありません。その一方で自分ではこの仕事が最適と感じても、雇う側が必要と判断しなければ満期で終了となります。長期間雇用を目指すには何よりもまず、雇う側に必要な人材であると評価されなければいけません。業種に関係無く、仕事を円滑に進めるのに不可欠であると認識してもらうことが契約更新のカギとなります。雇う側にとって最も重要な人材は指示された仕事を確実にやり遂げ、ミスをしない人です。また、職場で定めた規則を守り、トラブルを起こさないことも重要な決め手になります。

良好な人間関係を築くことも意外と重要

期間工に関するトラブルで意外と多いのが人間関係に基づくものです。他の人の作業を邪魔したり、私物を盗むなどの問題行動を引き起こす人はその場で解雇されることもあります。重大なトラブルには至らずとも、他人に不快感を与えて職場の雰囲気を悪くするような人は周りから嫌がられます。そのような人は例え仕事をてきぱきとこなしていても、契約が更新されないことも珍しくありません。期間工の仕事は単純作業が多いイメージがありますが、実際は部署ごとのチームプレイが重視されるのが普通です。そのため、人間関係の構築に問題がある人は敬遠される傾向があります。長く働くには仕事をしっかりと行うだけではなく、職場の人と仲良くすることも大切なのです。