派遣社員との違いやメリットは?

メーカーの直接雇用なので安心

工場で働く場合には派遣社員として働く方法と期間工として働く方法があります。どちらも同じような感じがありますが、実は期間工として働く場合には派遣社員には無いメリットもあるのです。

期間工は一定期間の雇用と決められていますが、その期間内はその会社の正式な社員として扱われるようになります。そのため、大手企業の期間工であればそれだけ安心して働くことが出来るのです。
大手企業に勤めるメリットしては単純に給与面で優れているというだけではなく、信頼性が高く福利厚生もしっかりしているということが挙げられます。期間工の場合には正式な社員として扱われるため、他の社員と同じように福利厚生も適用されるのがメリットの一つとなっているのです。

契約満了時にはすぐに失業保険も

契約社員で働くのも期間工で働くのもどちらも同じようなものだと考えている人も少なくないでしょう。しかし、実は期間工で働く場合には契約社員には無い大きなメリットも存在しているのです。

契約社員も期間工もどちらも正社員というわけではありませんので、そこでずっと働き続けることが出来るというわけではありません。契約が満了した際には次の仕事先を探すことになりますが、その際に重要となってくるのが失業保険です。
一時的に職を失って収入が無くなってしまう場合に失業保険はとてもありがたいものですが、期間工で契約満了まで働いた場合には7日間という短い待期期間で失業保険が支給されるようになっているのです。
条件があるので期間工の誰もが適用されるというわけではありませんが、契約社員には無い大きなメリットとなっています。