せっかく採用されても仕事がきつくて辞めていく人もいる?

短期間で辞める人は少なくない

期間工の求人をよく見掛ける理由は、辞める人が少なくないからで、人手不足ゆえに募集が頻繁に出ています。入ってから数日で辞めてしまう人も珍しくなく、中には働く前の安全教育を受けている間に、合わないと考え辞める人もいるほどです。こんな実情を知ると期間工へのチャレンジが不安になるかもしれませんが、一方ではしっかりと定着できている人がいることも知っておきましょう。3ヶ月程度も続けると、ほとんどの人がそのまま働き続ける傾向もあり、辞める人ばかりなわけでもないのです。どんな仕事でもそうですが、合う合わないがあるため、早い段階で続けられないと見限って辞める人もいれば、何とか続けられそうと定着する人もいます。結局のところは相性次第でもあるため、自分自身はやっていけそうなのか、よく情報をリサーチの上で応募をするのが良さそうですね。

どんなところにきつさを感じる?

辞める人の理由は様々ですが、まず仕事そのものがきつくて付いていけないと感じる人が少なくないようです。期間工の仕事は未経験でもできる内容ではあるものの、不慣れな道具や作業に馴染めない上、ルーティンワークで同じ工程をやることに堪えられないというケースもあります。慣れるまでは特に大変さを感じやすいため、それまでの間を我慢できるかどうかが分かれ目となるでしょう。人間関係で辞めてしまうケースもありがちです。期間工には様々な人が働いており、寮暮らしの場合も色々な人がそこにはいます。上手く馴染める人ばかりではありませんので、人付き合いに苦労をしてリタイアするパターンも少なくありません。しかし、こうした部分に不満を感じなければ、比較的快適に働くことができ、長く期間工を続けている人も実際に多いのです。