健康診断や体力テストがあるかどうかは企業によって異なる

なぜ健康診断や体力テストが要求されるか

期間工はその名の通り定められた期間だけなので、ずっと働く訳ではありません。それなのにも関わらず健康診断や体力テストが求められるのは、ある程度ハードな日々になるからです。忙しい毎日に耐えられずに次々とリタイアする人が出ると、仕事が捗りません。このような事態を防ぐ為に健康診断や体力テストを実施するのです。また、期間工とは言えど会社の管理下で働くことになるので、何か健康上の問題が発覚すれば責任を問われることになります。持病の有無や体力などを事前に知ることで、働き手に負担のない配置が可能になるのです。期間工に対して雑な対応をすれば悪評が広まりかねませんし、あらゆるリスクを回避する為にベストな判断が求められます。

普段から自身の健康状態に注意する

健康状態の悪化や体力の低下があれば、当然採用される可能性は低くなります。全ての企業が健康診断や体力テストの結果を重要視するとは限りませんが、自身のコンディションを良い状態に保つことは社会人として当然です。コンディションに不安があるにも関わらず採用されたとしても、後に厳しくなるのは自分自身です。体力不足によって動きが緩慢になれば周囲に迷惑がかかりますし、ケアレスミスも増える可能性があります。何度もミスをすれば最悪解雇という結末を迎えるかもしれません。病気を発症してしまったら治療に専念するしかありませんが、例えば暴飲暴食を避けたり毎日運動するなど、健康を維持に注意することは可能です。期間工は、常にベストコンディションが求められます。